返済が厳しくなったらどうする?


 今回は、返済が厳しくなった時にどうしたらよいか説明します。

借入時には返済は十分可能であると判断していても、その後の経済環境の変化などによって見直しせざるを得ないことも起こります。ご商売で借入をしている場合には、その後の借り入れなど、円滑な融資取引を考慮して我慢することもあるかもしれません。

まずは取引金融機関に相談することとなりますが、返済額軽減や返済期日延長等の条件変更を行うと不良債権にカウントされてしまい、その後の融資取引に支障が出ることもあります。そうならない為には一定の基準を満たした経営改善計画を作成することが必要となります。もちろん、実際に経営改善に取り組むこと、そして着実に実行することが大切です。

 金融機関に対して条件変更等を努力義務とした中小企業金融円滑化法は、平成25年3月末が最終期限となっています。これにより各金融機関のスタンスの変化も予想されますので、しっかりとした対応が必要となります。